ITに強いビジネスライター
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 俳句

俳句

年末、道遠し。

大晦日に晴れると、夕暮れ時に近くの江戸川放水路に富士山を見に行く。今年も無事終わったなという実感とありがたみが湧いてくる瞬間である。 とてもいい句とは言えないが、調子が出ないなどと言ってはいけない。何しろ初心者だし、調子 …

ようやく2句目ができた

しばらくぶりの俳句ブログ。 前回も書いたが、型があるからといって簡単に作れるものではない。 5文字の名詞、4文字の季語という組み合わせが重くのしかかる。 かっこつけずにとにかく作ることが大切――と分かってはいるのだが、な …

吟行?してきた

昨日は、今年の残りの執筆仕事を片付けたあと、すぐに飲んでしまったので、俳句はサボってしまった。 今日は吟行気取りで趣味のサイクリングに行ってきた。 「今週」の課題は、「型・その1」(こちらを参照)で2句作ることなのだが、 …

実作編に入る

『20週俳句入門』の実作編に入った。 第8週 作句へスタート 初心者がすんなり作句できるようになるためには以下の俳句の原点に戻ることが必要 五・七・五という型 季語のはたらき 切字の効果 ここから四つの型を案出した→カル …

「第7週」に入る

ようやく『20週俳句入門』「第6週」の暗唱句を覚えられたので、「第7週」に入る。 第7週 切字の効果 切字の例:や、かな、けり、なり、たり、こそ、らむ、けむ、か、ぞ 特に重要なのは、や、かな、けり 切字があると余韻や余情 …

どうも覚えが悪くていけない

『20週俳句入門』「第6週」の暗唱句(右)が1つしか出てこなかった。 どうも覚えが悪くて行けない。 「第6週」完了は明日に持ち越し。

「第6週」に入る

『20週俳句入門』の「第6週」に入る。 第6週 季語のはたらき 俳句と川柳の違いは、俳句には季語と切字があること←今回は季語 季語には連想力がある 経験の多い少ないで季語の連想力のはたらきも大きく変わってくる 作句経験  …

「第5週」完了

ようやく暗唱句を覚えたので、明日からは『20週俳句入門』の「第6週」に入る。

イメージが心に浸透していない?

今週の暗唱句(右)は、曖昧なイメージは湧いてくるのだが、言葉として思い出せない。 イメージが心に浸透していない、つまり解釈がまだまだなのだろう。 なお、昨日アップした画像では「駒ヶ嶽」の「嶽」が「岳」になっていたので、修 …

「第5週」に入る

『20週俳句入門』も、そろそろ「実作編」に入ると思っていたのだけど、一読しただけでは記憶が曖昧。目次を見直してみたら、「第7週」までが「準備編」だった。「第5週」から「第7週」にかけて、俳句の特徴についてレクチャーがある …

Page 1 / 3123

サイト内検索

  • facebook
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ

森川滋之のツイート


PAGETOP
Copyright © ビジネスライター森川滋之 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.