日経SYSTEMS 6月号の特集で、「営業センス」をテーマに書くことになりました。お題をもらったときには軽く考えていたのですが、これがけっこう難しい。

ただ、編集者氏の企画趣旨は「ITエンジニアが顧客にファンになってもらう方法」について書いて欲しいということらしく、これがヒントになりました。

考えてみたら、信頼できる人からしか買わないですよね? つまり信頼できる人ってどういう人を考えれば、自ずと「営業センス」につながるということです。

ただし、「営業ノウハウ」や「営業スキル」と「営業センス」は違うので、「営業ノウハウ」や「営業スキル」の話にならないように書かないといけません。

簡単な例を挙げると、信頼感を高めるために接触頻度を増やすというのは「営業ノウハウ」。接触頻度を増やすためには、そもそも相手を好きになれないといけないが、それが自然とできるというのが「営業センス」。

そう考えると「営業センス」を磨くということも、何らかの方法でできるはず。

まあ、こういうことを書こうと思っているのですが、吉見さんのブログは、実はスキルやノウハウでなく、営業センスの宝庫だと改めて気づいたのでした。

http://www.yoshiminorikazu.com/