2019年7月13日(土) 曇りのち雨 78.1 2527

昨日に引き続き、フォレストパーティー峰山キャンプ場。

明け方にトイレへ行く。トイレにはこの写真が貼ってある。誰がここを選んだのだろう。知る人ぞ知るキャンプ場ということなのか。

キャンプ場の朝食は、なぜかパン食になりがち。

ご飯を炊くのも、味噌汁を作るのも、それほど手間とは思わないのだけど、ご飯は後始末が大変というより、汚い感じになるので、キャンプ場で炊くことはほとんどない(飯盒でもコッヘルでも、ご飯がこびりつくので)。

朝のキャンプ場はとてもすがすがしい。ウグイスの声がするキャンプ場は珍しくないのだけど、ここはホトトギスの声が甲高いのが趣深い。

キャンプ場内を散歩する。

我々のサイトはキャンプ場内の一番下にある。管理人室まで上がっていくと、そこから上の方は基本的にバンガローばかり。

一番下のバンガロー付近で、いきなりヤギに出くわす。峰山フジ子というらしい。

峰山の山頂の小さな展望台を目指す。

上まできたら、アイリッシュセッターのクッキー登場。

こいつがまたむちゃくちゃ人懐っこい。

展望台から。曇りだが気持ちのいい眺望。

管理人室のすぐ下がオートキャンプサイト。そこまで降りてきたら、大日如来様がおわしました。

このキャンプ場は何度も来ているのだが、はじめて知った。

我々が宿営しているネーチャーサイトに戻ると、にゃんたろーが来ていた。

タープ内に入り、テーブルに載り、そしてとうとう膝の上へ。

そしてとうとうこんなに仲良しになった。

すると今度は峰山フジ子が崖から降りてきた。

何も計画もなくやって来たのだが、妻が鴨川シーワールドに行ったことがないので誘う。僕も子供のころに1度行ったきり。

10時過ぎに到着。

10時半からアシカパフォーマンスが始まるので、ちょうどいいタイミングだった。

その後立て続けに、イルカ、

シャチ、

ベルーガと、すべてのパフォーマンスをコンプリートする。

妻は大喜びで、いつもより土産物に大枚をはたいていた。シャチのぬいぐるみが特にお気に入り。

1時過ぎに、鴨川潮騒市場に着く。昼食は回転寿司と思ったのだが、40~50分待ちとのこと。隣の我家我家に入る。マグロ丼はなかなかおいしく、値段もリーズナブルなのだが、スタッフが慣れておらず、粗相も多い(悪気はまったくない)。

さらに勝浦方面へ足を伸ばして、つるんつるん温泉へ。

以前、この温泉に隣接するキャンプ場に泊まったことがある。その時に入ったのだが、当時かなり苦しんでいた背中の痛みが一発で取れた。黒い湯で、むちゃくちゃ効く感じがする。

今日の夕食は、和牛とワイン。

今日もたき火。

にゃんたろーは、こんなになついてしまったが、連れて帰れないのだ。

▲クリックするとにゃんたろーの記事へ